スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たなばたのひ

7月7日は七夕で、静岡県は朝方から小雨が降り続いてた。

私は、朝起きて出社の支度を終えると
愛車のハイラックスサーフに乗り込むと、タバコに火を付ける。

エンジンを掛けるとボーナスで購入したカーナビから

「今日は七夕です。」

最近のカーナビは進化した物だと私は感じた。
しかし、テレビでも今日は七夕ですと。

七夕って誰が作ったのか急に知りたくなり、知的欲求の解消に使用したのは
紛れも無く私の勤めている会社のインターネット回線と所有者は会社名義のPCだった。
幸いな事に、始業前だった為に私の罪悪感はとんと鳴りを潜めていた。

古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」や棚幡と表記した。これは、そもそも七夕とはお盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったともいう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%A4%95

精霊棚ってなんぞ?

せいれいだなって読んだそこの君、アウト。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E9%9C%8A%E6%A3%9A

という事らしい。

元々は中国文化らしい、それが奈良時代に日本に伝わり日本の伝説と混じり
七夕になったのか。

つまり

~奈良時代~

「中国には七夕ってのがあるアルネ~」
「まじで?日本にも似たような話あるんだぜー?」

ってのが、複雑にまじりあったわけだ。
別に、特にゲームの話じゃないけど、ブログトップの広告けしたかっただけなんだよ
スポンサーサイト

 | HOME | 

ブログ内検索


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。